スピード感の中にもフリやソロの部分で音への表現を大事にしている。ダイナミックさだけでなく、トップロック(立ち踊り)やスタイルムーブ(足技)を使いカッコよさを表現している。得意とするルーティン(合わせ技)とカッコよさを組み合わせた自分たちにとって新しい挑戦をしたショーになっている。

0 42